医療事務の資格を取れば将来安泰|患者さんのサポーター

需要が高い学校

レディ

看護師は国家資格で、3年間専門学校で学習することで受験資格を得られます。専門学校では、二年生から病院実習が始まり、学生のうちから職業意識が身につきます。専門学校の教員は現場で働く看護師が勤めていることが多く、意識が高まるために働き出してからのギャップが少ないことも特徴です。

More Detail

実習で差をつけます

レディ

ベルランド看護助産専門学校は、隣接するベルランド総合病院と、府中病院で実習を行うことができます。また、助産学科では、府中病院が大阪府内でもトップレベルの分娩数を誇っており、充実した実習を行うことができます。看護師や助産師を目指す方に、ぜひおすすめしたい学校です。

More Detail

医療の知識で活躍しよう

ウーマン

最近では、結婚や出産を経験しても長く働きたいと考えている女性が急増しています。しかし、旦那様の急な転勤など予期せぬハプニングが起き、仕事を辞めなくてはならない事もあります。そんな時に、医療事務の資格を持っていれば、日本であればどこでも職を見つけることが出来ます。医療事務の資格は通信講座で学ぶ事も出来ますが、やはりスクールに通う事をおすすめします。なぜかというと、自分自身で勉強した場合、「また次の試験日までに頑張ればいいや」と考えてしまい、資格の勉強に対してルーズになってしまいます。また、学校に通った場合も、勉強を怠けてしまうと追加料金を払わなくてはならない場合もあるので、一度決めたら最後まで頑張りましょう。

医療事務の資格は先ほどもご紹介したように、男性よりも女性の方が受験する方が多いです。主に行うのは、事務作業が多いですが、お客様と対応する事もあるのでコミュニケーション能力も必要です。そのため、医療事務の経験がなくても接客業や他の事務職を経験した方であれば始めやすい仕事です。勿論、男性の方で細かな作業が得意という方も医療事務の資格を受験されています。医療事務の資格習得は決して簡単ではありませんが、勉強を重ねれば必ず合格できます。また医療についての資格なので、自分自身の勉強だけでは、理解できない部分も多数出てくる場合があります。そこで消化できないまま受験しても役に立たないので、出来ればスクールや通信講座でプロのアドバイスを聞きましょう。

画像診断が重要

男性

医療技術が発展してきて、特に病気は早期発見、早期治療が大切とされていますので画像を見て行う診断は重要な役割を担っています。画像をとっているのが診療放射線技師になります。新しい機械が開発されていく中で、養成機関も多くできてきています。

More Detail