需要が高い学校|医療事務の資格を取れば将来安泰|患者さんのサポーター

医療事務の資格を取れば将来安泰|患者さんのサポーター

需要が高い学校

レディ

資格取得を目指す

看護師は、3年間の専門学校での学習により受験資格を得ることができます。看護専門学校は、看護師になることを目標にしている人が集まる学校ですので、生徒は全員意識が高く、仲間と協力しながら学習を進めていく雰囲気にあふれています。看護師は国家資格で、国家試験の合格率は90%前後を推移しています。国家試験としては非常に高い合格率ですが、決して簡単な試験というわけではありません。医師国家試験と比較すると難易度は低いものの、人の命を直接的に預かる仕事ですので厳しい試験です。高い合格率は、看護師を目指す方の努力と、看護師を養成する看護専門学校などの指導の賜物です。それでは、授業の特徴について詳しく見ていきます。

実習が充実しています

専門学校の授業は、一年生の時には座学が中心になりますが、二年生以降は病院での実習が始まります。病院では、資格を持たないので実際の医療行為を行うことはできませんが、入院中の患者さんと直接関わるために、学生のうちからしっかりとした意識を育成することができます。また、専門学校によりますが、現場で働いていた方が授業をしていることが多く、病院に付属している専門学校では、その病院から定期的に人材交流が行われることが多いです。そのため、学生でありながらも現場の実際のことを知ることができ、働き出してからのイメージを膨らませることができます。そういった面で、就職後のギャップが少なく、看護師として活躍するための仕組みが作られています。みなさんも、ぜひ専門学校で看護師を目指しましょう。