画像診断が重要|医療事務の資格を取れば将来安泰|患者さんのサポーター

医療事務の資格を取れば将来安泰|患者さんのサポーター

画像診断が重要

男性

カウンセリングの技量も

医療の分野の技術の革新は目覚ましいものがありますが、その中でも画像診断の分野は特に目覚ましいものになっています。現在では放射線以外の超音波や磁気を使用した診断装置の操作も、診療放射線技師の業務の中に入ってきています。これからも新しい機械がどんどんと開発されてきますから、診療放射線技師には新しい技術や知識を次々に吸収していくことが求められています。現代の医療は、病気の早期発見、早期治療に重点が置かれています。早期の発見のためには画像を見ての診断が大変に有力な方法になります。そういった点でも診療放射線技師の役割は、ますます重要になってきます。また放射線はがんの治療でも使用されています。医師の前では緊張して思っていることが言えない患者でも、放射線治療にかかわる診療放射線技師には素直に言うことができると考えている患者も多く、診療放射線技師には、カウンセリングの技量も必要になってきます。

女性技師の増加

診療放射線技師への需要は、今後も伸びていくものと思われています。どんどんと新しく養成機関が作られています。また技術の革新によって操作をする機械の仕組みも使用方法も高度化していく傾向になっているため、養成機関の中には3年生の短大から4年生に移行するところもあります。これまで男性の職場と考えられていた診療放射線技師の仕事ですが、放射線の被ばく許容量の上限が引き下げられたことで、妊娠に影響があるのではという理由で敬遠していた女性にも受け入れやすくなっています。日本人の病気の傾向も肉食中心の欧米型の食生活に伴って変化してきて、乳がんも増えてきています。そのためマンモグラフィーと呼ばれている乳がん検査専門の装置が開発されるなど、女性特有の検査も増えてきていて、女性技師の増加に期待が高まっています。