実習で差をつけます|医療事務の資格を取れば将来安泰|患者さんのサポーター

医療事務の資格を取れば将来安泰|患者さんのサポーター

実習で差をつけます

レディ

二つの病院と連携

看護師や助産師の資格は、指定の学校で所定のカリキュラムを終了することで受験することができます。しっかりと勉強を行えば合格することができますが、働き始めてからは学校で学んだことの差が出てきます。看護学校では、基本的に3年間の学生生活の中で、2年目から病院実習が始まります。看護師として活躍できるようになるためには、座学で知識を身につけることはもちろん必要ですが、病院実習を通じて実際の医療現場を早くから知ることが大切です。ベルランド看護助産専門学校では、連携しているベルランド総合病院、府中病院での病院実習を行います。どちらの病院も、南大阪での中核となる急性期病院ですので、多岐にわたる症例を学ぶことができます。

助産学科の特徴

助産学科は、看護学科を卒業した学生が1年間学ぶ学科です。助産学科でも病院実習が行われますが、ベルランド看護助産専門学校の大きな利点として、大阪府内でもトップレベルの分娩数を誇る府中病院での実習が可能です。社会として分娩数が減少している中で、この環境は非常に恵まれています。また、ベルランド総合病院では母子同室を基本とした、母乳育児支援の実習が可能です。ベルランド看護助産専門学校は、看護学科はもちろんのこと、助産学科の病院実習も充実したものとなっています。また、ベルランド看護助産専門学校に隣接してベルランド総合病院があるため、常に意識を高く保ちながら勉強に励むことができます。看護師や助産師を目指す方に、ぜひおすすめしたい学校です。